ギボウシ




カテゴリ


[PR]



2006年05月31日(Wed)
ギボウシ



とても丈夫で、殆ど手をかけずに育てる事が出来ます。

6〜8月頃花を咲かせますが、花の無い時期でも下草として
十分に楽しむ事ができます。

花色は、白や淡い紫があります。

芳香のある大型の白い花を咲かせるタマノカンザシや
葉が食用になるオオバキボウシ、トウギボウシなど、種類が多い。


【栽培のポイント】
あまり土質は選びませんが、有機質の多い用土に植えるといいです。

本来は、山野に自生する植物ですので、水やりや肥料は控えめに
します。 庭植えの場合は、殆ど放っておいて育ちます。

また、庭植えの場合は、樹木の下など半日陰に植えるようにします。


【植付け】
3〜4月に植えるようにします。

苗を求める時は、芽の沢山ついているものを選びましょう。

直径・深さ共、30cm位の穴を掘り、掘った土に腐葉土や堆肥などを
よく混ぜ込んで埋め戻します。

穴の中心部を掘り、根を広げるようにして、1株ずつ植えます。

株と株の間は、30〜40cm程あけます。

植付け後は、たっぷりと水を与えます。


【株分け】
4〜5年に1度くらい、大株になって密生しすぎた株を掘り出し
土を落とし、スコップやシャベルで3〜4等分に分けます。

株分けしたものは、植付けを参考になさって、1株ずつ植え穴を掘り
30〜40cm離し、植え付けます。

適期は、休眠期の10〜11月、3〜4月です。

【水やり】
乾燥しすぎたら与える程度にします。

庭植えの場合は、殆ど与える必要がありません。

【肥料】
植付け時に元肥を与える他は、年に1度くらいの追肥にします。

斑入り種に肥料を与え過ぎると、斑が無くなってしまうので注意!

=========================
長引く不況でお客様が減り、開店休業状態の自営業でした。
借金がかさみ、返済もできず、閉店・倒産も時間の問題!!
ネット初心者の私が、お客待ちの空いた時間に始めた副業。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/itt/new.htm
【借金完済】の目処が立ち、女房との喧嘩も減りました!
=========================



   








新着トラックバック/コメント


カレンダ
2006年5月
 
31      

アーカイブ
2006年 (36)
3月 (15)
4月 (9)
5月 (12)

アクセスカウンタ
今日:17
昨日:6
累計:39,782