Anneの庭/一覧

〜お花を上手に育てましょう〜


カテゴリ


[PR]



2006年05月31日(Wed)▲ページの先頭へ
ギボウシ



とても丈夫で、殆ど手をかけずに育てる事が出来ます。

6〜8月頃花を咲かせますが、花の無い時期でも下草として
十分に楽しむ事ができます。

花色は、白や淡い紫があります。

芳香のある大型の白い花を咲かせるタマノカンザシや
葉が食用になるオオバキボウシ、トウギボウシなど、種類が多い。


【栽培のポイント】
あまり土質は選びませんが、有機質の多い用土に植えるといいです。

本来は、山野に自生する植物ですので、水やりや肥料は控えめに
します。 庭植えの場合は、殆ど放っておいて育ちます。

また、庭植えの場合は、樹木の下など半日陰に植えるようにします。


【植付け】
3〜4月に植えるようにします。

苗を求める時は、芽の沢山ついているものを選びましょう。

直径・深さ共、30cm位の穴を掘り、掘った土に腐葉土や堆肥などを
よく混ぜ込んで埋め戻します。

穴の中心部を掘り、根を広げるようにして、1株ずつ植えます。

株と株の間は、30〜40cm程あけます。

植付け後は、たっぷりと水を与えます。


【株分け】
4〜5年に1度くらい、大株になって密生しすぎた株を掘り出し
土を落とし、スコップやシャベルで3〜4等分に分けます。

株分けしたものは、植付けを参考になさって、1株ずつ植え穴を掘り
30〜40cm離し、植え付けます。

適期は、休眠期の10〜11月、3〜4月です。

【水やり】
乾燥しすぎたら与える程度にします。

庭植えの場合は、殆ど与える必要がありません。

【肥料】
植付け時に元肥を与える他は、年に1度くらいの追肥にします。

斑入り種に肥料を与え過ぎると、斑が無くなってしまうので注意!

=========================
長引く不況でお客様が減り、開店休業状態の自営業でした。
借金がかさみ、返済もできず、閉店・倒産も時間の問題!!
ネット初心者の私が、お客待ちの空いた時間に始めた副業。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/itt/new.htm
【借金完済】の目処が立ち、女房との喧嘩も減りました!
=========================



2006年05月27日(Sat)▲ページの先頭へ
マリーゴールド



とても丈夫で、夏の高温多湿にも強い花なので、あまり手を
かけずに育てる事が出来ます。

また、根から出る分泌物が害虫駆除になっているので、病害虫は
殆ど心配がありません。

窒素肥料を与え過ぎると、葉ばかりが茂って、花が隠れて
しまいますので注意して下さいね♪

花色は、黄色やオレンジ・白などがあります。


【栽培のポイント】
水はけの良い場所で育てるようにします。

長時間、強い光に当てれば当てる程よく育ちます。


【種まき】
種まきの適期は4月〜7月です。

赤玉(小粒)7:腐葉土3の用土を作ります。
種はばら蒔きして、軽く土を掛けておきます。

毎日、午前中に水やりをします。

約1週間で発芽しますので、芽が込み合ってきたら
育ちの悪い苗を間引きするようにします。

苗で購入する場合は、5月頃に購入しましょう♪


【定植】
3〜4cmに育ったら、苗の込んでいる所の育ちの悪いものを
間引きしていきます。

本葉が、8〜10枚位になったら定植します。
赤玉(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合で用土を作り、
鉢の半分位まで入れます。
その上に、元肥(堆肥・化成肥料)をスプーン1杯ほど入れ、
残りの土を入れるようにします。


【水やり】
湿り過ぎは嫌いますが、極端に乾きすぎると葉が枯れたり
ハダニがつきますので、注意してください。

7〜8月は、1日1回。他は、2〜3日に1回の割で与えます。

葉の上から、たっぷり与えてくださいね♪


【肥料】
定植時に、元肥として、堆肥・化成肥料を土に混ぜておきます。
以後、2週間後くらいから、月に1度化成肥料を追肥として与えます。

=========================
子どもの塾代、進学、住宅ローン・・・足りない家計に不安の毎日。
あと5万・・・いや、あと3万あったら。。。そんな事でいつも喧嘩。
  http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/go1/index.htm
空き時間に自宅で起業♪今月も、家賃2ヶ月分稼いじゃった♪
=========================



2006年05月21日(Sun)▲ページの先頭へ
ベゴニア



四季咲きベゴニア、冬咲きベゴニア、エラチオールベゴニア、
球根ベゴニアを総称してベゴニアと言います。

何れも、特に手を加えなくても形よく育ち、次々に花を咲かせます。
しかも、1年中開花可能なので、寄せ植えには欠かせませんね♪

花の色は、白・黄・赤・緑・桃があります♪


【栽培のポイント】
日なた、明るい日陰、いずれでもよく育ちますが、
高温多湿を嫌いますので、その辺に注意♪

傷んだ葉や花は、病気の原因になりますのでコマ目に
摘み取りましょう♪


【管理】
12〜3月は、明るい室内で管理します。

それ以外の季節は、戸外・ベランダで育てられますが、
日射は種類によって異なりますので、求める時に園芸店で
聞かれると良いでしょう♪

【種まき】
4月〜5月に行います。

培養土(または、赤玉(小粒)1:ピートモス1)に種をばら撒きして、
土をかけずにそのままにします。
土をかけませんので、底面給水にします。
(上から水をかけると、蒔いた種が流れてしまいます)

芽が出てきたら、込み合った所を間引きするようにします。


【植え替え】
本葉が4〜5枚になったら、3号ポットに植え替えます。
用土は、赤玉(小粒)2:ピートモス1の割合で混ぜます。

冬の間は、ベランダや軒下で育てるようにし、土が乾いたら
水やりをしますが、乾燥させ過ぎには注意して下さいね♪


【定植】
赤玉(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合で混ぜた用土を
使います。

プランターに植え付ける時は、株と株の間を15〜20cmあけます。
株を詰め過ぎると、梅雨の時期に蒸れて根元から腐ってしまい
ますので、65cmのプランターで最大4株位にしましょう♪


【水やり】
過湿に弱いので、土の表面が乾いてから与えるようにします。
夏は、朝か夕方、冬は午前中が最適です。


【肥料】
月に1度、液肥を与えるようにしますが、開花している時は
月に2〜3回に増やします。
肥料不足にならないように注意しましょう♪


【病害虫】
種類によっては、ウドンコ病やアブラムシの発生があります。
何れも、防除しておきましょう♪


【挿し木】
花と下葉は落とし、対になるように葉を残して、茎を6〜7cmに
カットします。
20〜30分程、水につけてから挿すようにします。

プランターなどに、赤玉(小粒)を入れ、水揚げした挿し穂を
植え付けるようにします。

本葉4〜5枚になったら、赤玉(小粒)2:ピートモス1の用土に
植え替えます。

挿し木をすると「根が出たかな?」と引き抜いて確認をする方が
たまぁ〜にいらっしゃいますが、折角生えてきた根を切ってしまい
ますので、我慢!ガマン!ですよ♪
きちんと育っていれば、葉も元気ですし、育ってきます。

=========================
 パート時給700円の普通の主婦が自宅で起業!?
 風呂なしアパート生活から海を臨むペントハウス生活へ!
   その ≪年収30倍アップ≫ のヒミツとは?
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/tml/index.htm
=========================




2006年05月19日(Fri)▲ページの先頭へ
デージー



原産地のヨーロッパでは多年草として扱われますが、日本では
高温多湿でたいがいが枯死してしまうために、一年草として
扱われる方が一般的です。

草丈はそれほどたかくならずに10cm〜20cm位の高さです。
花色は白、ピンク、赤などが代表的です。

中心が黄色くて、まわりの花びらが平べったい「リグローサ・タイプ」
と、全体的にまんまるな感じで、花びら一枚一枚が筒状になる
「フィストローサ・タイプ」の2系統に分けられます。

種から育てる場合は、8〜9月に蒔きます。
また、小苗は10月中に植え付けを済ますようにします。


【栽培のポイント】
日当たりがよく、水はけのよい場所で育てますが、
乾燥には弱いので注意してください。

花ガラをまめに摘んで、株まわりを清潔に保つようにして下さいね。

秋の長雨で、根が腐る事がありますので、なるべく
雨の当らない所に置いてあげてくださいね♪

冬は、別段 気を遣うことはありませんが、強い寒風には弱いので
余り風当たりの強いところには置かないようにして下さい。


【管理】
開花時期になると、花が次々に咲くので、枯れ始めて来たら
花茎ごと切り取るようにします。
そうすると株が疲れずに長期間花を楽しむこともできますし、
枯れた花にカビがついて病気を誘発する心配もなくなります。

日陰だと極端に花つきが悪くなりますので、日当たりがよく、
なるべく長時間日の当たる場所を選びましょう。


【種まき】
8月〜9月に行います。

ピートバンに赤玉(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた用土を入れ
種をばら撒きし、土はかけずに、そのままにしておきます。

本葉2〜3枚の頃、込み合っている部分を間引きします。


【植え替え】
本葉が4〜5枚になったら、3号ポットに植え替えます。
用土は、種を蒔いた時と同じですが、緩効性の化成肥料を
忘れずに施すようにします。

冬の間は、ベランダや軒下で育てるようにし、土が乾いたら
水やりをしますが、乾燥させ過ぎには注意して下さいね♪


【定植】
花が咲き始めたら、植付けの時期です。
種まきの時と同じ用土で構いませんが、この時も 緩効性化成肥料を
忘れずにね♪

5号鉢なら1株、60cmのプランターなら3株が目安です。


【水やり】
生育が旺盛で、根も良く張るので、水の要求量が高く、
うっかりすると、すぐ水切れをおこしてしまいます。
水切れをおこさせると葉がしおしおになってしまい、そうなると
再び水をやってもなかなか元に戻りませんので注意が必要です。
土の表面が白っぽく乾いてきたらたっぷりと与えるようにしましょう♪


【肥料】
植え替えや定植をする時には、忘れずに緩効性の化成肥料を
与えるようにしてください。
また、開花中や葉色が悪い時には、月に2〜3度、液肥を
与えるようにし、株を弱らせないようにしましょう♪


【病害虫】
病気の心配はありませんが、アブラムシがつき易いので
オルトランなどで防除しておくといいでしょう♪
             オルトラン: http://z.la/n1m5u

=========================
給料は増えず、借金だらけ!! お先真っ暗な私でした。
方法があるなら自分の未来は自分で切り開きたいと思った。
  http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/go1/index.htm
本業の2倍の収入で、人生・・・ガラッと変えちゃいました!
=========================




2006年05月18日(Thu)▲ページの先頭へ
石楠花(シャクナゲ)



日本に自生するシャクナゲは、特定の条件下で育つため
庭木として栽培するのは難しいと言われています。
園芸用として、比較的育てやすいのは、イギリスで品種改良された
西洋シャクナゲです。

花の色は白、藤色、ピンク、赤紫などがあります。

苗を求める時には、接ぎ木してあるもの(生長が早い)を
求めるようにします。
接ぎ木テープなど、接ぎ木をしたという名残がありますので、
わかり易いと思います。


【栽培のポイント】
夏の西日と冬の北風が当らない場所で育てるようにします。

保水・水はけ、どちらも良い環境に置いてあげましょう♪

樹勢が弱いので、剪定し過ぎないように気を付けて下さい。


【植付け】
植付け時期は、4〜5月、または9〜10月が適期です。

酸性の土壌を好むので、鹿沼土、またはピートモスを混ぜます。

植え穴を掘り、底に腐葉土とピートモス(または鹿沼土)を混ぜた
ものを敷きこんで、少量の土をかけ、その上に、根を広げるように
して苗を植え付けます。

根元に直射日光が当たると、生育障害を起こして萎れてしまう事も
あるので、株元に敷き藁を広げます。

鉢植えの場合は、一回り大きい鉢に移すようにし、根鉢は崩さず
植え込みます。植え替えは、2年に一度程度行います。

植付け後は、充分に水やりをします。

根が浅いので、倒れるようなら支柱を添えてあげてね♪


【水やり】
水をやりすぎると弱るので、与えすぎないように注意してください。
多湿には弱く、特に夏の高温期と重なると枯れてしまうこともあります。

地植の場合は夏相当日照りが続くようなら与えてもよいですが、
それ以外は与えないようにします。

鉢植えの場合は、土の表面が完全に乾いてから、たっぷりと
あげるようにしてください。
空中湿度を好むので、夏は乾燥させないように日よけをしたり
霧吹きなどで、葉水をしてあげるようにします。


【肥料】
緩効性の化成肥料(例N-P-K=10-10-10)を花後と9月頃に与えます。
鉢植え(5号鉢)は小さじ1杯程度、庭植えでは1つかみ程度を
株元に与えるようにします。


【剪定】
樹勢が弱く、枝分かれしにくいので、3月頃に頂芽を摘み、
側枝をふやすようにします。

秋に、花枝の真中の枝を切り取ると、また新しく花芽をつけます。
この時、枝は付け根から切るようにします。
中途半端な位置で切ると、新梢が貧弱になります。

また、品種によっては、一度花をつけると、翌年花芽がつかないものがあります。


【病害虫】
新しい葉が伸び始める頃、ハマキムシなどの被害がでるので、
マラソン乳剤などで防除します。
斑点病、炭そ病、さび病予防に、ダイセン水和剤などを定期的に
散布するようにします。

=========================
長引く不況でお客様が減り、開店休業状態の自営業でした。
借金がかさみ、返済もできず、閉店・倒産も時間の問題!!
ネット初心者の私が、お客待ちの空いた時間に始めた副業。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/K2/index.htm
【借金完済】の目処が立ち、女房との喧嘩も減りました!
=========================




2006年05月14日(Sun)▲ページの先頭へ
ブルーベリー



ブルーベリーには、3つの系統(ラビットアイ系・北部ハイブッシュ系・
南部ハイブッシュ系)があります。

品種によって収穫時期が違うので、収穫時期の異なる品種を
組み合わせた方がより効果的な成長が望めます。
また、1品種のみでは結実しにくいため、2品種以上組み合わせて
植えるようにします。
特にラビットアイブルーベリーでは、必ず同系統で2品種以上を
近くに植えてくださいね♪
受粉は通常、ミツ蜂等の昆虫が行いますが、昆虫が来ないようなら、
毛筆等で人工受粉すると実付きが良くなります。


【栽培のポイント】
購入する際は丈夫な接ぎ木苗を選びましょう♪

花芽は7月〜9月頃に、日照を充分あびた、 充実した枝先付近に
出るので、日光には充分当ててください。
(ただしハイブッシュ系は盛夏の午後の西日は避けます)
真夏の強烈な直射日光には株元が乾燥するので苦手です。

果実は緑色→深緑色→赤色→青色と変わって成熟し、完熟すると指で触るとポロリと取れます。
少しでも赤見が残っていると酸味が強いです。
果実は一度に熟すのではなく、2週間〜4週間くらいに渡り、
次々と熟すので、熟した物から順次収穫します。
果実が熟す頃になると、鳥(主にヒヨドリ)が来て食べるので、
樹を防鳥網で覆う等の対策が必要です。


【植付け】
鉢植えの場合は、適期は11月下旬から12月上旬ですが、
初めての方は3月に植え付けるのが安全です。
(晩秋に植え付けると冬の間は根付いていない苗木の水やり等の
管理が大変になる為です。)
株をポットから抜き、軽く根鉢をほぐして植えつけます。
葉が茂っている時に植え替える場合は、根鉢をほぐさないように
気を付けます。
鉢植えの場合はピートモス50〜70%(ハイブッシュ系はピートモス
の割合を多くする)と鹿沼土50〜30%の割合で、水を加えながら
充分に混ぜた物を使用します。(混ぜる時に、ピートモスに充分に
水を含ませる事−鉢植え、地植え共通)
植え付け後はたっぷり水を与えます。

地植えの場合、適期は11月下旬から12月上旬です。
地植えの場合は、直径60〜80cm、深さ50cmぐらいの穴を掘り、
堀りあげた土50〜30%とピートモス50〜70%の割合で、
水を加えながら充分に混ぜた物を埋め戻し、10日位馴染ませてから
植えつけます。堀り上げた土を使わず、ピートモスと鹿沼土の
混合用土の方が生長が良いようです。

ブルーベリーは好酸性植物で、生育に最適な用土の状態は
pH4.5〜5.5です。それよりもpHが高い場合は、ピートモスの
混合や硫黄粉剤でpHを下げる必要があります。
酸度計が園芸店で売られていますので購入されて、用土の酸度を
保つようにして下さいね。

また、用土は、ブルーベリー栽培用に開発された「コプラピート」を
使用するのもいいですね♪
コプラピート-ブルーベリー専用の土
ブルーベリー専用用土なら、
栄養分・酸性は6ヶ月以上保持(1日1回の灌水の場合)します。

植え付け後に苗木の周りに、ワラ、木材チップ、落ち葉等でマルチを
すると乾燥防止、凍結防止になります。

また支柱を立て苗木を結んで固定すれば、ぐらぐらしないで
根の張りも良くなります。植え付け後はたっぷり水を与えてください。

鉢植え、地植え共、植え付けの時に元肥は与えません。


【管理】
ブルーベリーは基本的に日光が好きなので、充分日に当ててください。
ただし、梅雨明け後の盛夏の西日は強すぎる(特にハイブッシュ系)}ので、西日の当たらない所に移すか、寒冷紗等で遮光してください。

冬季の寒さには強いので、屋外で冬越しさせます。
逆に暖かい場所で冬越しさせると翌春に樹が目覚めない事があります。
葉芽、花芽が冬の休眠から、目覚めて健全に発育するためには
一定時間低温(7.2℃以下)に遭遇する必要があります。
同じ系統の中でも品種によっても違いますが、北部ハイブッシュ系が
最も長くて1000時間以上、南部ハイブッシュ系が最も短く
150〜700時間、ラビットアイ系はその中間で400〜600時間です。

風の強い場所に植え付けする場合は、必ず支柱を使用してください。


【水やり】
ブルーベリーは主根が無く、細いひげ根で深く張らないため、
乾燥にたいへん弱いので水を充分に与えるて下さい。
鉢植えの場合は、梅雨明けの盛夏では1日に2回、地植えでも
盛夏には1〜2日位に1回の水やりします。
盛夏以外の水やりは、基本的に土の表面が乾いたら与えます。

落葉後の冬季は、鉢植えの場合は1週間に1回を目安に与えます。
地植えの場合は、ほとんど必要ありません。
3月〜11月の間に、水不足にすると枯れますので注意してね♪


【肥料】
鉢植えの場合、3月上旬と6月上旬の2回、市販の玉肥(油粕、骨粉)
中粒を6号鉢で3〜4個を土の表面に置きます。
(虫が来て嫌なようなら、土に埋めてください。)
地植えの場合、3月上旬と6月上旬の2回、油粕、骨粉を1樹に
1〜2握り与えます。


【剪定】
ブルーベリーは地下茎からサッカー(新梢)、株の基部からシュート
(新梢)が伸びて、ブッシュ状になるので自然形に仕立てます。
植え付け後2〜3年は成長にまかせて、強い剪定は行いません。
それ以後は12下旬〜2月頃に花芽数調整と側枝発生をさせる為に
勢い良く伸びた枝を3分の1程度切り返し剪定を行います。
それと古い枝、内向き枝、実の付いた枝、弱い枝等を間引き剪定して日照、通風を良くします。

花芽の数が多すぎる場合は、果実が小さくなるので、
冬に枝の先端を切りつめると、果実の数を減らすと同時に、
翌年に果実の成る枝を発生させる事が出来ます。
また6〜7月初めに勢い良く伸びる新梢の先端を(分かれ目から
30〜50cmを残して)適芯すると側枝が発生して、その側枝に
本年中に花芽が出来る事もあります。

=========================
長引く不況でお客様が減り、開店休業状態の自営業でした。
借金がかさみ、返済もできず、閉店・倒産も時間の問題!!
ネット初心者の私が、お客待ちの空いた時間に始めた副業。
  http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/itt/new.htm
【借金完済】の目処が立ち、女房との喧嘩も減りました!
=========================




2006年05月12日(Fri)▲ページの先頭へ
ハナミズキ



1915年にアメリカから東京市(当時は「市」でした)に苗木が寄贈。
(この時、日本はアメリカにサクラを寄贈)
これがきっかけで日本に広まった花木。
白や赤に色づく花びら(本当はがくが変化したもので本来の花は
あまり目立たなく、中心についています)を4枚付けます。
日本の気候にも良く合い、育てやすいために、広い地域
(北海道以外)で街路樹にしたり公園に植えられています。
花も美しいですが秋に紅葉する姿も美しく一株で2度おいしい樹木です。

温暖地の西日が、ガンガン当たる所は、樹皮が傷むためか、老化が
早く進みます。
庭木として育てる時は、関東以西では、真夏の西日が当たらない
ように植えるとよいでしょう♪
花は樹齢5年以上の木なら咲きますが、立派な木なのに花つきが
悪いときは、西日と乾燥のために木が弱ったことが多いものです。
また強い剪定も嫌います。


【栽培のポイント】
購入する際は丈夫な接ぎ木苗を選びましょう♪

真夏の強烈な直射日光には株元が乾燥するので苦手です。

長く伸びた枝や徒長枝(日当たりが悪くてひょろひょろした枝)には
花が咲きません。


【植付け】
苗木の植え付けは12月か2月に行います。

堆肥を土とよく混ぜ込んでおいた植え穴に、軽く根をほぐした苗木を
植え付けます。
水はけ、水もちともに良い土が適しています。
植える場所の水はけが悪い場合は川砂を混ぜておきましょう。
植え付け直後に、水をバケツなどでたっぷりと与えて苗木と土を
落ち着かせます。
一度植えると植え替えの必要はありません。
花は翌年には咲きませんが、早ければ翌々年位から、ちらほらと
咲き始めます。

鉢植えの場合は、根が一杯になったら一回り大きな鉢に植え替えます。
鉢植えにする場合は赤玉土(小〜中粒)6:腐葉土2:川砂1の
割合で混ぜた土を使用します。

大きな木になるので鉢植えでの栽培には限界があります。
最終的には地植を考えた方がいいでしょう♪


【管理】
日当たりの良い場所を好みますが、真夏に一日中 直射日光が
照りつけるような場所だと株元が乾燥しすぎて弱り、葉を落として
枯れないように自己防衛するときもあります。

植え付ける場所は西日の当たらない場所で、午前中いっぱい
日光が確保できるような場所が理想的です。
真夏に一日中、日が照りつける場所では、株元にワラを敷いて、
できるだけ乾燥しないようにしましょう♪

冬の寒さには丈夫でよく耐えます。特になにもする必要はありません。


【水やり】
鉢植えの場合は鉢の表面が乾いてきたらたっぷりと与えます。
完全に水切れさせると、枯れるのを防ぐために、夏に葉を落として
自己防衛してしまいます。

地植にしている場合は植え付け直後にたっぷりと与えます。
根付いたあとも、乾燥させないように 特に真夏は地植えの場合も
水を与えた方が良いでしょう♪
冬でも、1ヶ月に2、3回くらい水を与えるようにしましょう♪


【肥料】
肥料は2月に1回、8月下旬に1回与えるようにします。
油かすと骨粉(ホームセンターの園芸売場で販売されています。
主成分は花つきや実つきを良くするリン酸)を等量混ぜたものを
株元に何カ所か浅く穴を掘って埋めるようにします。


【剪定】
木が若いうちは枝もよく伸び勢いがあります。
長く伸び過ぎた枝や、徒長枝(日当たりが悪くヒョロヒョロな枝)には
花が咲きませんので切り落とします。

落葉した12月から2月までの間に行うようにします。

自然に樹型がまとまりますので、それ以外の切り戻しの作業は
行う必要はありません。
・・・というか、できるだけ切り戻し作業を行わない方がいいです。

樹が大きくなってくると、枝の伸び方がだんだんと緩慢に
なってきて、小枝に花をたくさん付るようになります。
内側に向いて生える細かい枝は、3年くらいで勝手に落ちますが、
早目に切り落としてもかまいません。

実を付けておくと木の栄養がとられるので早めに取り除きましょう♪

【増やし方】
種まき、接ぎ木、挿し木ができます♪
種まきは、秋に赤く熟した果実を採り、実の部分を取り除いて
キレイに水洗いします。
それを冷蔵庫で保存しておいて、2月頃に川砂にまいて薄く土を
かぶせます。
花が咲く大きさの株になるには6から7年くらいかかります。
2〜3年育てて、接ぎ木する際の台木用の木として利用する方法も
あります。

接ぎ木は3月頃が適期です。
接ぎ木を行った株は、しっかりとつくまで 全体を腐葉土や土で
覆って(全部隠れる位かぶせます)乾燥を防ぎます。

ハナミズキのふやし方としては、種まきと接ぎ木のあわせ技(タネを
まいて台木を育ててから接ぎ木)が一番おすすめの方法です♪

挿し木は、6月頃に今年新しく出た枝を10cm位に切り赤玉土に
挿します。
挿し木は発根する確率があまり高くなく、成長も遅いので、あまり
おすすめしません。

=========================
旦那の会社もリストラ続き。減給・ボーナスカットは当たり前!
我が家の家計は累積赤字。あと5万欲しくて副業始めました。
  http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/K2/index.htm
パート2ヵ月分Get!で、貯金をする余裕が出来ました♪(*^。^*)
=========================




2006年05月09日(Tue)▲ページの先頭へ
ツツジ


日本の酸性土壌を好む植物なので、栽培がとても簡単で
緑地帯や植え込みなどで、よく見かけられます。

ツツジには、落葉性と常緑性の品種があります。
落葉性には、ミツバツツジ、レンゲツツジ、ドウダンツツジなどが
あり、常緑性には、ヤマツツジ、オオムラサキ、ヒラドツツジなどが
あります。

サツキもツツジの仲間で、5〜6月に開花する常緑性のツツジです。
旧暦5月に咲く事からサツキと呼ばれています♪



【栽培のポイント】
日当たりの良い場所に植えるようにします。
根が浅いので、深植えにしないように注意しましょう♪

落葉性のツツジは、萌芽力が弱いので、刈り込み仕立てには
不向きです♪


【植付け】
赤玉(小粒)1:腐葉土1の用土で植え付けます。

苗の植付けの適期は、3〜4月、9〜11月頃です♪

露地植えの場合、植え穴は余り深くならないように注意♪
苗の根を広げて、上から土を掛けて、押さえるようにし、
根の回りに土が行き渡るように植え付けます。

【水やり】
特に注意する事はありません。
土の表面が乾いたら与えるようにします。

【肥料】
花後と8月下旬に、油粕や粒状の化成肥料を与えます。
室内に置く場合は、油粕には虫が付きやすいので
化成肥料を利用してくださいね♪

【剪定】
落葉性のツツジは、枝が粗く付くので剪定の必要はありませんが、
剪定する場合は、枝の付け根から切り取るようにします。

常緑性のツツジは、初夏と秋に剪定します。
初夏の剪定は、株を大きくしたい場合は、弱めにします。
秋の剪定は、花芽を切り落とさないように注意しながら、
とび枝(飛び出た枝)を刈り取り、形を整えるようにします。

=========================
旦那の会社もリストラ続き。減給・ボーナスカットは当たり前!
我が家の家計は累積赤字。あと5万欲しくて副業始めました。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/K2/index.htm
専業主婦が自宅で起業!・・・旦那の給料、そのまま【貯金】
=========================




2006年05月04日(Thu)▲ページの先頭へ
ペチュニア



やわらかい茎が長く伸びて、その先に沢山の花をつけます。

花径が4〜5cm以下の小輪の花を沢山咲かせるマルチフローラ系、
7〜13cmの大輪の花を咲かせるグランティフローラ系に分かれます。

どちらも、株がこじんまりとまとまるタイプと、横に広がるタイプが
あります。
ハンギング・バスケットに植える際には気をつけましょう♪


【栽培のポイント】
花が長い間咲き続けるので、肥料を切らさないようにします。

また、蒸れないように、水はけと風通しのよい場所で育てます。

初心者にも育て易いのが魅力です♪ (^_^)v


【苗の選び方】
花と葉の色がよく、下葉の黄色くなっていないものを選びます。
ポットを持った時に、苗がグラ付かないのを確認してくださいね♪


【種まき】
苗を購入するだけでなく、種から育てる事も出来ます♪

4〜5月にピートバンにタネをバラ蒔きし、
新聞紙でピートバンの上を覆い、霧吹きをして発芽させます。
本葉が6〜7枚になったら植え替えます。


【植付け】
赤玉(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト2の割合で混ぜます。
用土に緩効性肥料を混ぜておきましょう。

根鉢を崩さないようにポットから抜いて、鉢に植え替えます。
鉢に植える場合は、5号鉢がいいでしょう。

鉢でなく、ハンギング・バスケットに植える場合は、
摘心して(芽の先端を摘んで)、わき芽を増やすようにします。
摘心する事によって、横に広がるようになります。


【水やり】
やや乾燥気味にします。
土の表面が乾いた時にだけ、花に水をかけないようにしながら
たっぷりと水を与えます。

水やりの目安
 ・5〜6月 ・・・ 1〜2日に1回
 ・7〜8月 ・・・ 1日に1回以上
 ・9〜11月 ・・・ 1〜3日に1回
 ・12月〜3月半ば ・・・ 6〜7日に1回
 ・3月半ば〜4月 ・・・ 3〜4日に1回


【肥料】
花が咲いている期間が長いので、肥料を切らさないようにします。
10月までは、週に1回、液肥を与えます。
これも、水と同様に、花にかからないようにしましょう。


【管理】
4〜11月までは、戸外の日当たりのよい場所におきます。

咲き終えた花は、花がらを摘みます。
そのままにしておくと、種がつき、花つきが悪くなります。

冬場は切り戻しをして、ベランダや軒下の暖かい場所におきます。


【切り戻し】
夏に株が茂りすぎたら、1/3位切り戻ししましょう。
すると、秋にはもう1度花が咲きます。
この時、切った茎は挿し芽にして利用できます。


【冬越し】
短く刈り込んで、ベランダや軒下の暖かい場所におきます。

水やりは、6〜7日に1回。
3月半ばを過ぎたら、3〜4日に1回にします。

=========================
貯蓄も無く、赤字の家計に将来への不安を感じていました。
あと10万!・・・せめて5万。 私も働きに出たいと思った。
だけど何の資格も技能も無い私。それに年齢制限って何よ?!
そんな私が見つけました♪
    ⇒ http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/tml/index.htm
在宅で稼いで・・・旦那の給料は、そのまんま貯金!(^。^)v
=========================




2006年05月03日(Wed)▲ページの先頭へ
ディモルフォセカ



ピンクや白、黄色、橙色など、花の色が鮮やかで目を引きます。
1株でも、充分に存在感のある花ですよ♪

直射日光が当ると花が開き、日が沈んでくると閉じるのが特徴です。

乾燥には強いので、ハンギングにも向いています。

鉢植えに最適な1年草と、暖かい場所を好む宿根草の
2種類があります。

苗や鉢物は、2月半ば〜5月末頃まで市販されています。
種でも育てる事が出来ます。


【栽培のポイント】
直射日光のしっかり当る場所で育てるようにします♪

寒さには弱いので、11月〜3月までは、室内の日当たりの
良い場所で管理しましょう♪
暖かい地方では、ベランダや軒下でも冬越しできますよ♪

花が終わったら、枝分かれしている上の方を摘み取りましょう♪

【種まき】
種まきは、9〜10月に行います。

ピートバンに赤玉(小粒)7:腐葉土3の割合で入れ、
種をバラ蒔きし、種が隠れるくらいに土をかけます。

本葉2〜3枚になったら、3号ポットに植え替え、そのまま
室内の日当たりの良い場所で冬越しさせます。

【植付け】
3月中旬を過ぎて、本葉が3〜4枚になったら、5号鉢に植えます。
土は、赤玉(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合です。

苗を購入した場合も、同様に植え替えてあげてね♪

【水やり】
土の表面が乾いたら、たっぷり与えるようにします。

5〜10月半ば頃までは、1〜2日に1回、10月半ば〜12月と
3月半ば〜4月までは、2〜3日に1回、1〜3月半ばまでは
3〜4日に1回を目安としてくださいね♪

【肥料】
定植の時に、元肥として、有機質(腐葉土)と化成肥料を与えます。

【切り戻し】
全ての花が咲き終わったら、1/3程に切り戻します。
再び新芽が出て、花が咲くようになります♪ (^_^)v

=========================
 今のままで…
        アナタの 夢は叶いますか?
        アナタの 努力は報われますか?
        アナタの 財布は満足しますか?

    アナタの人生…今のままで…いいですか?

風呂なし・ガスなしで、冬でも水のシャワーを浴びていた私。
そんな極貧生活から、人生まるごと変える事ができました!
キッカケは⇒ http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/itt/new.htm
減る事が無かった借金も、本業は赤字のまま・・・完済!! 
=========================




2006年05月02日(Tue)▲ページの先頭へ
シバザクラ


シバザクラは、グラウンド・カバーに良く使われますね♪

寒さや乾燥にも強く、繁殖力が旺盛なので、一度苗を植えれば
特に手入れをしなくても、どんどん広がり、綺麗な花を咲かせます。

ピンク・白・淡紫・濃紅の花色があり、4〜5月にかけて開花します。

【栽培のポイント】
日当たり、風通しの良い場所に植えるようにします。
夏の蒸し暑さには弱いので、雑草に埋もれてしまうと、蒸れて
枯れてしまうので、雑草を茂らさないように注意しましょう♪

また、水はけの良い、有機質に飛んだ土に植えるようにしましょう♪

【植付け】
植え付けは3〜4月に行います。
ポットや鉢から溢れる位になっている苗を選びましょう♪

日当たり、風通し、水はけの良い場所を選んで、30cm位の深さで
大まかに土を掘り起こします。 
そこに、100g/1平方mの苦土石灰と腐葉土を混ぜ込んで、
しっかり耕します。
緩効性化成肥料も混ぜておくといいですね♪

苗は、20cm位の間隔をあけて植え込みます。

【水やり】
土の表面が乾いたら、与えるようにします。
乾燥には強いのですが、過湿は根腐れを起こしますので
注意してね♪

【肥料】
元肥の他は、花が終わった後に緩効性化成肥料を与えます。

【株分け】
植付け後3〜4年経つと、株が込み合って、蒸れて枝枯れを
起こし易くなりますので、9月中旬〜10月上旬に株分けします。

株を掘り上げて、古い地下茎から伸びた新しい茎を切り分けて
古い葉を取り除いてから、植え付けるようにします。
這うように伸びる茎が地面につくと、節から発根しますので、
苗は立たせず 伏せるようにして、20cmの間隔をあけて植えます。

=========================
子どもの塾代、進学、住宅ローン・・・不安だらけの毎日。
あと5万あったら!!そんな私が空いた時間に自宅で起業!
  http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/tml/index.htm
専業主婦の私が・・・旦那の給料、そのまま貯金!!(^_^)v
=========================



2006年05月01日(Mon)▲ページの先頭へ
ラナンキュラス



ラナンキュラスは秋植えの小球根ですが、種から育てる品種もあり、
冬から春にかけて、鉢物や花つきポット苗として出回ります。

鉢物やポット苗はすでに根を張る余地がなくなっているために、
長く楽しむには植え替えが必要です。

花色は、赤、ピンク、黄色、白、オレンジなど豊富です♪

【栽培のポイント】
鉢植えは、日当たりのよい窓辺に置きますが、室温が高いと
長持ちしないので、暖房の強い部屋は避け、適温(夜間5〜10度、
昼間15〜20度)を保つようにします。
晴れた暖かい日の日中は、戸外に出してやりましょう♪

ポット苗は、無加温の冷室で育てたものが多く、
寒さに慣れているので、植え替えたプランターや鉢は戸外に
置きますが、直接霜に当てると弱いので、よく日の当たる南向きの
ベランダの、北風を避けられる建物に近い場所に置くようにてね♪

【植え替え】
用土は排水がよく、しかも保水力のあるものがよく、
赤玉土5、腐葉土2、ピートモス2、くん炭または珪酸塩白土1を
配合したものを用いるようにします。

ポット苗ならプランターに15〜20cm間隔に、鉢ならひと回り大きな
腰高の鉢に植え替えます。

根を少しほぐし、深植えにならないよう注意して植えつけます。

【植付け】
植え付けは10月に行います。
購入した球根はカサカサに干からびているので、
そのまま土に植えると、急に水分を吸収して、芽が出る前に
腐ってしまいますので、バーミキュライトを軽く湿らして
球根と一緒にビニール袋に入れて、日陰で2日くらい置き、
ゆっくりと吸水させて、充分ふくらんでから植え付けましょう♪
深植はせずに浅めに植え付けるのがポイントです♪

【水やり】
高温、多湿、極端な乾燥に弱いため水やりには注意が必要です。
土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えるようにしましょう♪
花や葉に水をかけると、灰色カビ病が発生するおそれがあります
ので、根元から静かに与えましょう。

【肥料】
咲きながら生育を続けるので、肥え切れしないように、リン酸、
カリが多く含まれるハイポネックスの1000倍液を週に1度与えます。
戸外のプランターにはプロミックのような固型の配合肥料を
置き肥にしておくとよいでしょう♪

ラナンキュラスの球根は、花後によく太るので、お礼肥えとして
化成肥料を、1g /1株位与え、葉が自然に枯れる6月頃まで、
日当たりのよい戸外に出して管理します。

【管理】
アブラムシ、スリップス、エカキムシがおもな害虫です。
バイラス病を媒介することもあるので、早めに殺虫剤をまき、
駆除するようにします。

病気は、湿度が高いと灰色カビ病が出やすいので、
発生原因になる枯葉や、終わった花の処理をこまめに行い、
株の周囲を清潔に保つようにします。
花は、枯れ始めて来たら早めに花茎ごと切りましょう♪

長雨の後などには、ベンレートの散布が効果があります。

【増やし方】
花が終わり、葉が自然に2/3ほど枯れてきたら球根を掘り上げて、
土を落とし、茎を切り離して水洗いします。
生育がよければ、1球が3球ぐらいに増えています♪
ベンレートの1000倍液に30分ほどつけて消毒し、
日陰でよく乾かしてから、紙袋に入れて、植えつけの秋(10月)まで
室内に貯蔵します。

=========================
この子が生まれた時、何でもさせてあげたいと思った。
現実の我が家は・・・赤字! 子供に諦めさせていた私。
そんなダメ母ちゃんだった私が出会ったホームページ。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/go1/index.htm
今では、子供の笑顔と毎月パート収入2ヵ月分GET!!
=========================



2006年04月29日(Sat)▲ページの先頭へ
ナスタチウム


和名をキンレンカといいます。
つる性種とわい性種のものがあり、現在では園芸品種として
わい性種が多く出回っています。

花色は、赤・黄・アプリコットで、一重、八重があります。
葉はハスの葉に似て大きく丸みを帯びていて、葉色も緑の他に
斑入りもあります。

葉と花は生で食すとピリッと辛く、ほどよい酸味があります。
種子も辛さがあるので、胡椒ひきやすり鉢ですって香辛料として
使えます♪また、未熟な果実をおろしがねですると、
鼻につんとくる香りがして、ワサビの代用となります。
お刺し身や日本そばなどの和食の薬味としてもGoodですよ!
酢漬けにすると、ケーパーの代用として使えます♪

苗は、真冬(11月〜2月)を除いては、出回っていますので
苗から育てるのもいいですね♪

【栽培のポイント】
日当たりが良く、水はけの良い乾燥したところを好みます。

真夏の暑さには弱いので、一時花を休むことがあります。
この頃に伸び切った枝を切り戻して、化成肥料を与えると
9月頃にもう一度花を咲かせます。

夏の強烈な日射しは、鉢の中の温度を急激に上げてしまうため、
植物が茹ってしまうので、陽の陰る、風通しのよい場所で管理します。

冬は、5度以下になると、枯れてしまうこともあるので、
室内の日の当たるところで育てるようにしましょう♪

【種まき】
種から育てることができます。発芽適温は15〜20度なので
3〜4月と、9〜10月にまくことができます。

種の粒は大きく、皮がヒダ状のコルク質に覆われ、非常に固く、
発芽率が悪いので、前の晩に水につけてから蒔くといいです。

水はけが良く、有機質をたっぷり含んだ土がいいので、
腐葉土3:赤玉2で混合した用土に、元肥として P(リン)の
成分が高い化成肥料を混ぜたものに、人差し指の第一関節位
まで穴をあけて、一つずつ直播きします。
鉢やプランターに少し詰めぎみにまいて、元気なものを残して
間引いていくと、移植の必要もないので栽培が楽です。

秋にタネをまいた場合は、気温が10℃を切ると生育が鈍り、
5度以下になると枯れてしまうこともありますので、
真冬は室内の日当たりのよい場所で育てるようにします。

育苗ポットで育てた場合は、本葉7〜8枚で定植します。
種をまいてから70〜80日で開花します。

【ピンチ】
本葉が4〜6枚になった頃に頂点の芽を手で摘むと、脇から
芽が出て、枝の数が増え、花もよく咲き、ボリュームもでます。
ピンチせずに、そのまま育てると、わき芽があまり生長せずに、
タテにヒョロっとしたバランスの悪い株になってしまいます(^^;

【水やり】
水やりは、表土が白くなったら、鉢底から水が出るまで
たっぷりと与えて下さい。
水を与え過ぎると、葉ばかりが茂り花つきが悪くなりますので
乾燥気味に育ててくださいね♪

【肥料】
チッソ分の多い肥料(特に油カス)を与えると葉ばかりが繁って
花が咲かないので、リンを多く含んだ肥料を与えるようにします。

ハーブ全体に言える事なのですが、肥料は与え過ぎると
花つき悪くなりますので、肥料も控えめにしましょう♪

【挿し芽】
冬越しや切り戻した時に、若い茎を利用して挿し芽でも増やせます。
また、水挿しでも簡単できます。

【管理】
花が枯れてきたら(種ができてしまわないように)花ガラを
つみ取ると 長期間、花を楽しむことができます。

ナスタチウムは、ナメクジがつきやすいので、
もし、ナメクジを見つけたら、食品についてきた白いトレーに
飲み残しのビールを入れて、夕方置いておき、寝る前にポイッ!
どうやら、ナメクジ君は、ビール党のようです!(笑)
贅沢なやっちゃ!(笑)

あとは、ハダニですね。。。
これは、コーヒー!
飲み残して冷めてしまったものを直接かけちゃいます!
葉裏にスプレーすると、さらに効果的♪
コーヒーは、インスタントでもレギュラーでも構いませんが、
濃ければ濃いほど効果的だそうです!!
ハダニは、コーヒー通か。。。(-。-) ボソッ


【コンパニオンプランツ】
ハーブと一般の草花や野菜を混植して、それぞれの植物の
特性を活かして、病害虫を防ぐことをコンパニオンプランツ
(共栄植物)と言います。  
ナスタチウムはアブラムシを遠ざけます。
アブラムシを好む植物と混植させると良いですよ♪

コンパニオンプランツについては、もうちょっと調べて・・・
カテゴリーに追加して参りますね♪お楽しみに♪

=========================
子どもの塾代、進学、住宅ローン・・・不安だらけの毎日。
あと5万あったら!!そんな私が空いた時間に自宅で起業!
  http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/tml/index.htm
専業主婦の私が・・・旦那の給料、そのまま貯金!!(^_^)v
=========================



2006年04月25日(Tue)▲ページの先頭へ
コスモス



コスモスと言うと、秋を想像しますが、早咲き種は3〜5月頃に
種まきをすれば、6月頃から開花します。
従来の遅咲き種は、6〜7月頃に種まきをします。
鉢植えや苗も3月頃から出回ります♪

【栽培のポイント】
日当たりのいい場所、水はけの良い痩せた土で育てるようにします。
チッ素の多い肥料を大量に与えると、花つきが悪くなります(^^;

【種まき】
3号ポットに、赤玉(小粒)7:腐葉土3の割合で混合した土を入れ、
2〜3粒のタネを蒔き、タネが隠れるくらいに土を掛けます。
本葉が出たら、元気の良いものを1本残して、間引きを行います。

【定植】
ポットの底から根が出たら、根鉢ごと鉢に植え替えます。
土は、赤玉(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合にします。
または、草花用の培養土に、緩効性化成肥料(3g/リットル)を
混ぜます。

【ピンチ】
本葉5〜6枚の頃から行います。
これは、背丈が伸びすぎるのを防ぐために行います。

【水やり】
表面が完全に乾いたら行います。
7〜8月は、1〜2日に1回。
それ以外は、2〜3日に1回の割合で水を与えます。

【肥料】
基本的には、やせた土の方が育ちがいいので必要ありません。
が、生育の悪い時には、薄めの液肥を与えるようにします。

【挿し芽】
7〜9月頃が最適です。
元気な若い芽を7〜8cmに切り、赤玉(小粒)か鹿沼土を
入れたプランターに挿しておきます。
10日程すると発根しますので、3号ポットに植え替えます。

発根したかな?…と、挿し芽を抜いたりすると
折角生えてきている根を切ってしまいますので、
じっと我慢!して下さいネ。

【管理】
花が終わったら、花がらは早めに摘み取るようにします。

=========================
子どもの塾代、進学、住宅ローン・・・不安だらけの毎日。
あと5万あったら!!そんな私が空いた時間に自宅で起業!
  http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/LW/index.htm
専業主婦の私が・・・旦那の給料、そのまま貯金!!(^_^)v
=========================



2006年04月24日(Mon)▲ページの先頭へ
スイートアリッサム



タネから簡単に育てられる植物で、花は2から6月頃まで、
5mmくらいの小さな花が、絨毯のように一面に、密に咲きます。

草丈は高くならず、10cmくらいの高さで、上には伸びず横に
這うように広がり、離れていてもかなり甘い匂いが漂います。

花の色は、白、赤、桃、淡紫、紫、アプリコット、淡黄があります。

種から育てられる植物としては初心者向きの品種で、
発芽率もよく成長が早いのが特長です。

Anneは、どちらかと言うと・・・この花の香りは苦手(^^;
以前、目の高さ(正確には鼻の高さ?)に植えた事があり
通る度に(- -;な顔をしていたAnneでございます(^^;


【栽培のポイント】
日光を好みますので、よく日の当たる場所へ置きましょう♪
庭植の場合も同じです。

寒さには強いのですが、霜に当たるとその部分が枯れてしまう事が
あるので、地植の場合は、簡単な霜よけが必要です♪

暑さには弱いので、一年性のタイプのものは、大概が夏前に
自然に枯れてしまいます。
夏越しをさせる場合は、日除けをして高温にならないように注意します。
夏越しに成功すると秋に再び花を咲かせます♪ (^_^)v

水はけの良い所を好むので、水やりは表土が完全に白くなったら、
鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと与えます。
あまり多湿にすると根腐れを起こして、いつのまにか
株が溶けてしまいます(^^;

花盛りの時期は、1株で20〜30cmにも広がるので
植え付ける時は幅を広くとるようにして下さいね♪

花の満開が過ぎた頃に、株全体を3分の1ほどの高さに
刈り込むと、茎が伸びてきて 再び花を咲かせます♪


【種まき】
基本的に秋にタネを蒔きます。(寒冷地の場合は春でもよい)
好光性種子(光がないと発芽しない)のため覆土はしません。

上から水を与えると、タネが流れてしまうので、鉢底から
水を吸わせるようにして育てます。

苗は大きくなってから植え替えても、根が付きにくい性質が
あるので、プランターや鉢に直接まいて間引きながら育てるか、
苗が小さいうちに(本葉が5〜6枚くらいの頃までに)庭などに
定植するようにします。

品種によっては苗が出回ります。
苗は【まわりの土を落とさず】に植え付けます。


【用土】
アルカリ性を好むので用土(2006/3/4【土を作る】)に、
植え付けの10日前までに、苦土石灰を1uあたり
牛乳瓶1本を目安に施しておきます。


【水やり】
土が乾いたら、たっぷりと与えるようにします。
過湿にすると、株が溶けてしまうので注意してね♪


【肥料】
開花中は、薄めた液体肥料を1週間に1回の割合で与えましょう。
植え付ける際にも、緩効性肥料を予め土の中に
混ぜ込んでおきます。


【害虫】
柔らかい茎や花芽に、黒い虫が群集しているのが肉眼で確認でき、
アブラムシの排泄物によって茎葉がすす状に黒く覆われます。
オルトラン粒剤、またはアドマイヤー粒剤を1〜2g/株
(指で軽くひとつまみ程度)を鉢際に置いて水を与えます。

=========================
子どもの塾代、進学、住宅ローン・・・不安だらけの毎日。
チョットのつもりで借りたキャッシング・・・増え続ける支払い。
あと5万あったら・・・そんな私が空いた時間に自宅で仕事♪
  http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/LW/index.htm
旦那に秘密の借金も、内緒のまま・・・もう直ぐ【完済】♪(^_^)v
=========================




2006年04月19日(Wed)▲ページの先頭へ
インパチェンス



四季咲きといっていい程、花期が長く、白・赤・オレンジなど
花色も豊富です♪
寄せ植えにしたり、ハンギング・バスケットにしたり・・・楽しんでね♪

半日陰を好むので、真夏の高温と乾燥に注意すればOK♪
「ウチの庭は、日当たりが・・・」とお悩みの方には、強い味方の
インパチェンスですよぉ〜♪ (^_^)v

小輪のアフリカ系と大輪のニューギニア系があります♪
ニューギニア系は、特に走光性が敏感で明るい方に向き易いので、
時々鉢の向きを変えて、株全体に爽やかな光が当たるように
して下さいね♪

【栽培のポイント】
寒さには弱いので、5度以上の気温を保つようにして下さい。
夏の暑さ対策には、半日陰の涼しい場所で管理するようにしてね♪

茎が伸び過ぎて株の形が悪くなったら、余分な茎を取り除くように
すると、風通しが良くなり、長く花を楽しめるようになります。

ニューギニア系は、4月と真夏前に思いっきり(地面から5〜10cm)
切り詰めると、残された節々から新葉が出てきます。
切り詰めた後は、新しい用土に植え替えてあげてね♪

萎れた花・黄ばんだ葉は、その都度取ってあげてね♪
そのまま放置しておくと、つぼみ・葉・茎にかぶさった花がらから
カビが発生して病気の原因になります(^^;

エアコン等の近くに置くと、空気の乾燥や急激な温度差の為に
花の寿命が短くなり、株を傷める原因になります。

【種まき】
用土の上に、種子を薄くバラ蒔き、土はかけません。
水はやらずに、水を張った受け皿に鉢ごと入れて、半日陰で管理。
10日位で、発芽しますので、本葉が4〜5枚になったら、ポットに
移植し、その後、庭や鉢に定植します♪

【挿し木】
5〜7月に、花のついていない、先端に葉が4〜5枚ついた若芽を
とって、用土に挿します。1週間ほどで発根します。
水差しでも、同様に増やす事が出来ます♪

【水やり】
土が乾いたら、たっぷりと与えるようにします。
花つきを良くするポイントは、水を切らさない事♪
ただ、夏の高温時は、根腐れを起こしやすいので、
鉢で管理している場合は、水のやりすぎに注意が必要です♪
暖かくなるにつれ、水切れを頻繁に起こすと、葉の裏にハダニが
発生し易くなり、新葉の生長が妨げられますので、注意しましょ♪

【肥料】
肥料は切らさないようにします。
先ずは、鉢(または株元)に固形肥料を与えます。
屋外だったら、油粕でもいいですし、室内でしたら、化成肥料を
使うといいですね♪
液肥は、1ヶ月に1〜2回、花や葉に掛からないように与えます。

=========================
この子が生まれた時、何でもさせてあげたいと思った。
現実の我が家は・・・赤字! 子供に諦めさせていた私。
そんなダメ母ちゃんだった私が出会ったホームページ。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/go1/index.htm
今では、子供の笑顔と毎月パート収入2ヵ月分GET!!
=========================


2006年04月16日(Sun)▲ページの先頭へ
クフェア



低木の常緑・宿根草です。
花期は、6〜11月と長く、1cmほどの可愛い花をつけます。
15度を保てば、通年開花しています。

【栽培のポイント】
庭に植える場合は、日当たりと水はけのよいところを選びます。
鉢で栽培するときも、日当たりのよいところで管理します。
耐寒性があまり強くないので冬は室内で育てます。
最低5度は必要です。
霜の降りる前に、剪定して鉢に取り、室内で管理します。

【剪定】
葉の色が悪くなったり、枯れたりした部分は、思いっきり
切ってしまいましょう♪
根元近くまで切ってしまっても、翌年には、
綺麗な花を咲かせてくれましたよ〜(^^;

【株分け・挿し木】
5月に株分けするか挿し木(挿し芽)で増やす事が出来ます。

【水やり】
生育期には、土が乾いたらたっぷり水やりします。

【肥料】
4〜11月に、2ヶ月に1回程度、油粕の置き肥を与えます。
室内で育てる場合は、化成肥料で構いません。
または、液肥を与えるようにします。

=========================
 借金を返すために借金をする。そんな生活がイヤだった。
 まとまった貯金が無い。そんな不安から抜け出したかった。
   http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/itt/new.htm
 あと5万欲しくて始めた副業で、旦那の給料そのまま貯金!
=========================



2006年04月15日(Sat)▲ページの先頭へ
オリヅルラン



伸びたランナー(走り根)の先に付く子株が、
折鶴のように見えることからこの名前がつきました。

名前にランとありますが、ランの仲間ではなくユリ科の多年草です。

吊り鉢やスタンド仕立てにすると、ランナーが垂れて
折鶴が舞っているように見えます♪

寒さにも比較的強く、手間のかからない植物です♪


【栽培のポイント】
水はけの良い土で育て、日当たりの良い場所に置きます。
夏は、半日陰で管理するといいでしょう♪


【株分け】
根詰りを起こして、株元の葉が枯れてきたら、5月上旬頃
株分けをします。

根鉢をほぐして、古い土を落とし、太い根ををつけて、
カッターやナイフなどで2〜3株に切り分けます。

若い元気な根だけを残し、古い根や腐った根は取り除いて
培養土(赤玉小粒5:腐葉土3:パーライト2)に植え付けます。


【水やり】
生育期には、土が乾いたらたっぷり水やりします。
冬は土が乾ききったら補う程度にします。

乾燥には強いですが、水をやり過ぎると根腐れを起こしますので
過湿にしないように気をつけましょう♪


【肥料】
4〜10月に、2ヶ月に1回程度、油粕の置き肥を与えます。
室内で育てる場合は、化成肥料で構いません。


【子株を育てる】
ランナーについた子株を切り離して、ミニ観葉として育てます。
テラリウムとしても、水栽培としても育てられます。

ガラス容器で育てる場合、ケイ酸塩白土、ハイドロボール、
バーミキュライトを入れて植え付けます。

=========================
旦那の会社もリストラ続き。減給・ボーナスカットは当たり前!
我が家の家計は累積赤字。あと5万欲しくて副業始めました。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/LW/index.htm
旦那に秘密の借金も、内緒のまま【完済】しちゃったぁ〜!
=========================


2006年04月10日(Mon)▲ページの先頭へ
シェフレラ



カポックとも呼ばれ、1年を通して園芸店で販売されています。
低温や日陰にも強く、丈夫で育て易い植物です。
濃緑色や斑入りのものなど、多数の品種があります。

【栽培のポイント】
日当たりのよい場所に置くのがいいですが、日陰でも育ちます。
夏場の日射しの強い季節は、かえって日陰で管理したほうが
葉の色が美しく保てます。

生長が早く、背が高くなるにつれて細い茎では、
真っ直ぐ立てなくなるので支柱を立てて、茎を支えながら
横に伸びていく枝を留めると、まっすぐ立たせることができます。

【水やり】
水やりは、夏場は毎日、葉水も多く与えます。
冬場は、温度が保てない場合は水は控えて乾かし気味にします。
温度が保てる場合は、土の表面が乾いたら与えるようにします。

【肥料】
肥料は、生育期に3回位与えます。
室内で管理している場合は、油粕は虫が付き易いので避け、
化成肥料を与えるようにしましょう♪

【植え替え】
植え替えは、5〜9月が適期です。
生長が早いので、株が小さい時には、毎年行うようにします。
鉢から出したら、根の回りの土を少し落としてから
今まで入っていた鉢より一回り大きいものに植え替えます。

下葉の落ちてしまった株も、枝と根を切り詰めて植替えをすると
元気が回復します。わき芽が出たら植え替えをします。

【挿し木】
挿し木の適期も、5〜9月です。
節ごとに茎をカットして、切り口を水ゴケで包んでから
バーミキュライトなどの土に植えます。
発根して新芽が伸びてきたら、培養土に植え付けます。

=========================
旦那の会社もリストラ続き。減給・ボーナスカットは当たり前!
我が家の家計は累積赤字。あと5万欲しくて副業始めました。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/LW/index.htm
旦那に秘密の借金も、内緒のまま【完済】しちゃったぁ〜!
=========================


2006年04月09日(Sun)▲ページの先頭へ
チューリップ



チューリップが綺麗に開花していますねぇ〜♪
今日は、花後の管理から…来年のための植え方までをお届けします。

【花後の管理】
花がらをつけておくと、球根が太らないので、花が終わったら、
花首から折って、球根を太らせます。
葉だけになっても、水は与えつづけます。

6月頃、葉が黄色くなったら掘りあげます。
晴れが続いた日を選んで、球根を堀り上げましょう♪

土を落とし、黄色くなった葉、茎、根を取り除き、涼しい場所で
乾燥させます。  野菜が入っていたネットなどに入れて、
雨や日光の当たらない軒下に吊るして置くといいですね。

ただし、鉢植えの場合は、毎年新しい球根を購入する方がいいです。


【球根の選び方】
品種には、早咲き・遅咲きなどがあり、またフリンジ咲きなど
見た目の違いもあります。
花が咲いている時期は、1週間〜10日程なので、咲く時期の違う
品種を組み合わせれば、花を長く楽しむ事が出来ます。

球根は、表面に傷が無く、そこに凹みが無いもの、また
ずっしり重みのあるものを選びます。

=========================
蓄えも然程無く、定年退職金は、住宅ローンで殆どが消える。
年金だけでは、妻と二人の老後は侘しい生活になってしまう。
何とかしなければ!そう思っていた時に出会ったHP!
  http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/LW/index.htm
年に2〜3回の海外旅行が気軽に行けるようになりました〜!
=========================

【植付け】
9月下旬〜11月頃に行います。

混合用土(準備:2006/3/4[土を作る]参照)を使います。
プランターの場合、鉢底に赤球土をいれ、
その上に混合用土を入れます。

プランターの場合、10cm間隔で植え付けます。
覆い土は、球根の先が隠れるくらいにします。


【育て方】
戸外の日当たりのよい場所で管理します。
室内で鑑賞したい場合も、開花させるためには1月下旬位までは
戸外で管理します。寒さを当てないと、開花しません。

乾燥させてしまわない程度に水を与えます。
3月位までは、2〜3日に1回。
その後は、1〜2日に1回水やりをします。
冬の間も、根は生長をしますので、水を切らさないように
注意しましょう。

肥料は、葉が出た時・花が咲き終わった時に2〜3回、
液肥を与えます。
この時、液肥が葉や花にかからないように注意しましょう♪

=========================
薄着の季節にまだ間に合う! ビール腹とサヨナラ!
ダイエット・パンフレット無料進呈中 ⇒ http://z.la/n82k9
=========================




2006年04月07日(Fri)▲ページの先頭へ
アロエ



我が家のアロエ(キダチアロエ)は、実家の母が「大きくなり過ぎて
手に負えない!」と、お嫁に来たアロエなんです。
母が手に負えなくなったアロエは、我が家に来てまた育ち・・・
130cmを越す、大株になってしまっていました!(*^_^*)
そのアロエの鉢を、年末にうっかり倒してしまい・・・
頂点を20cm程折っちゃったの! (°°; ウッ!
先日、何気なく見たら・・・その折れた所から新芽が出ていました!
何か急に嬉しくなってしまったので、今日はアロエをお届けします♪


【選び方】
 ・初心者は、育て易い成長期(春から夏にかけて)買うと
  いいでしょう。
 ・葉の幅があり、肉厚で、弾力性があるもの
 ・とげが鋭く、堅いもの
 ・茎が太いもの
 ・葉が少し黄色がかっているもの(緑色のものは温室栽培です)

【鉢植えでの育て方】

〜鉢選び〜
 ・通気性が良い素焼きの鉢が良い
 ・根詰まりを起さないように大きめの鉢が良い

〜置き場〜
 ・春〜秋:風通しが良い日向
 ・梅雨時:雨が多く当たらない場所
 ・冬:温度差に気をつけ、温かい場所(5度以上)

〜水の与え方〜
 ・春・秋:土が乾いたら、午前中に与える
      水分を含んだ土の温度が下がると根に悪い
 ・夏:毎日夕方に与える
    水分を含んだ土の温度が上がると根に悪い
 ・冬:土が乾いたら水を与える
 ・アロエベラはキダチアロエよりも水を多めに

〜肥料の与え方〜
 ・春と秋に追肥
 ・有機肥料を少し与える
 ・アロエベラはキダチアロエよりも肥料を多めに

〜植え替え〜
 ・土の酸性化や養分の減少が起こるので、年に一度植え替える
 ・春先(4〜5月)に植え替える
 ・水はけの良い土と有機肥料を混合させる

 ≪手順≫
  (1)根を傷めないように鉢から出し、根をほぐす
  (2)鉢の底穴を網で塞ぎ、赤玉土を少量入れる
  (3)アロエを入れ、倒れないように用土を入れる
  (4)水を少し与え、株が安定するまで(約1ヶ月)は水を与えない

=========================
「こんな筈じゃなかった!」「こんなのは嫌だ!」
不平不満を言ったところで…明日は変わらない。
今日と違う自分を手に入れたければ・・・
         昨日と違う何かを始めなければならない…。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/go1/index.htm
私はココで、借金の無いライフ・スタイルを手に入れました!
=========================

【地植えでの育て方】

〜植える場所〜
 ・乾燥地帯の植物なので、日当たりの良い南か東
 ・通気性と排水性の良い場所に植える
 ・植える前に土を深く掘り起こして有機物を混ぜる

〜水の与え方〜
 ・土が乾燥しない限りは与えない
 ・冬は地温を下げたり、霜の原因となるので水を与えない

〜肥料の与え方〜
 ・春と秋に追肥
 ・有機肥料を少し与える

〜越冬方法〜
 ・温暖な地域は風除けをつける
 ・寒冷な地域は地面の凍結を防ぐ処置を行う
 ・ビニールハウスでは温度と湿度の変化に気をつける
 ・冬だけ鉢植えにしても良い

=========================
薄着の季節にまだ間に合う! ビール腹とサヨナラ!
ダイエット・パンフレット無料進呈中 ⇒ http://z.la/n82k9
=========================

【挿し木で増やす】
アロエはある程度成長すると地上の茎、あるいは地表付近から
芽を吹きます。
その芽を刃物できりとり1週間ほど陰干しして、用土に挿します。
しばらくそのままにしておくと、アロエはそれまで貯えた水分と
養分で自力で根をつけますので、根がしっかりついた後、
水やりを開始してください。それまでは水やりをひかえましょう。
後は普通に育てることが出来ます。

茎の先から5〜7cmほど(切った後断面に年輪のように見える時は
短すぎです)を切って上記と同じように陰干ししてから挿しても
根がつきますが、慣れないとうまくいかないことがありますので、
上記の方法をお薦めします。

〜陰干しは十分に!〜
十分に乾燥していないと根がつき難い場合があります。
(1週間が目安です)
根がつくまえに水を与えすぎると根がつかず
そのまま枯れてしまいますので、注意して下さいね♪




2006年03月31日(Fri)▲ページの先頭へ
すずらん



苗は、2月〜3月、9月〜10月頃市販されます。
開花は、5月半ば〜6月末位です。

庭植えの場合は注意が必要ですが、鉢植えだと管理は楽です。
植付けは、基本の用土より、腐葉土を多めにします。
赤玉3:腐葉土2位の割合にします。
すずらんは、湿度のある土を好むためです。

鉢に植え付けたら、たっぷり水をあげて、冷所で慣らしてから
日向へ出します。
寒さには強いのですが、暑さは苦手なので、夏は半日陰で
管理します。
また、秋から初夏までは、日当たりの良い場所に置きます。
庭植えの場合は、この管理に気を付けて下さい。
夏場には葉が茂り、日陰になるような樹の下に植えるといいですね♪

芽が出る時期には、温度に気をつけ、多湿を心がけて、
弱い光の下で管理します。

地下茎が伸びて、株が密生するので、3〜4年に1度株分けをします。
株が密生すると、花数も減ります。
株分けの適期は、落葉期の11〜3月です。
地下茎には、既に丸い花芽が付いていますので、根を切らない様に
気を付けて掘り上げます。

掘り出した地下茎は、丸い花芽と細い葉芽とをセットで切り分けます。
3〜4cmの深さに植え付け、霧吹きで多湿を保ち、
土が乾く前に水をやり、とにかく乾かさないようにします。
多湿がいいといっても、受け皿には水を貯めないようにします。

花後から夏ぐらいまでに、月1回、化成肥料を与えます。

=========================
「給料日が来た」ホッとした。「支払いを済ませた」ぞっとした!
子どもの塾代、進学、住宅ローン・・・増え続ける支払い。。。
普通に働き、普通に暮らし、普通に借金し・・・普通の生活。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/itt/new.htm
普通の主婦からプチ・セレブヘ〜 年収30倍アップ?!?
=========================


2006年03月28日(Tue)▲ページの先頭へ
ブバルディア

耐暑性に優れていて、比較的耐寒性もあるので、
鉢植えとして楽しめます。
花の色は、赤・白・ピンク・オレンジがあり、芳香があって
切花やブーケとして利用される事も多い花です。
温度を20度前後に保って管理すると、1年中花を楽しめます。

購入のポイントは、枝がコンパクトで花色の鮮やかな株を
選びましょう。

日当たりの良い場所で管理し、土の表面が乾いたら
たっぷり水をあげます。
が、過湿にすると根腐れするので、
必ず土の表面が乾いてからあげるようにします。
花つきを良くする為には、出来るだけ長時間日に当て、
水やりも回数を増やします。
薄い液肥を水の代わりに与えると、花が途切れずに咲きます。

春の花が終わったら、根元から5〜6節の所で切り戻すと
秋の花つきが良くなります。

植替えは、毎年5月にします。
鉢から取り出して、鉢土を3分の2に落とします。
根っこの方を1/3ほどハサミなどで切るといいでしょう。
赤玉7:腐葉土3の割合の用土に植え付け、水をたっぷりあげます。

また、挿し木としても楽むことが出来ます。
挿し木をする場合は、5〜6月に、その年に延びた枝の先を
10cmほどに切り、30分ほど水揚げ(水につけておく)します。
その後、鉢に入れた鹿沼土に挿していきます。
切り口に、発根促進剤を塗布して、半日陰で管理すると、
確実に根が出ます。
発根は、割合と早く、約40日ほどで移植できるまでになります。

香りがいい花なので、苗を求めたい方は、4月頃に出回りますので
園芸店の店先を覗いてみてください。

=========================
借金を返すために借金をする。そんな生活はイヤだった。
まとまった貯金が無い。そんな不安から抜け出したかった。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/LW/index.htm
あと5万欲しくて始めた副業で、旦那の給料そのまま貯金!
=========================


2006年03月27日(Mon)▲ページの先頭へ
ミニバラ

ミニバラは、比較的花付きのよい品種が多く、強健なので
バラの初心者でも、楽しめます。
一重咲き、八重咲き、半八重咲きなどの変わり咲きもあり
花色も沢山出回っています。
春〜初夏と秋の年2回の開花が楽しめますよ♪

苗ポットに入って売られているのもありますが、
大概は、そのまま楽しめるように、簡易な鉢に入っているようです。
が、小さい鉢ですと、すぐ土が乾いてしまうので、一回り大きい鉢に
植え替えてあげるといいです。
その場合、根を傷つけないように気を付けて植え替えて下さいね♪

土が乾いてしまうと、生育が止まってしまうので、
10月〜11月・3〜5月初めは2日に1回、
11月〜3月は2〜3日に1回、5〜9月は朝と夕方の2回、
水をあげます。
特に、開花時は、水を切らさないように注意します。

基本的には、日当たりのよい場所に置いてあげますが、
梅雨時は、風通しのよい雨の当たらない場所に移動して
あげましょう。

アブラムシがついてしまった場合は、牛乳をスプレーして
虫を窒息死させます。
同時に、今後の為にも『オルトラン粒剤』などの殺虫剤を
撒いておきます。
スプレー式の殺虫剤を使う場合は、なるべく枝から離して
スプレーするようにします。近づけ過ぎると、エアーの冷気で
樹を傷めてしまいますので、気をつけてあげてね♪
室内管理する方は、殺虫スプレーだと、薬剤の飛び散りとか
気になりますよね?
その場の殺虫には、牛乳を使い、その後の管理としては
粒状のものがいいと思います。

咲き終わった花は、花の直ぐ下の葉を1つ付けてカットします。
また、初夏(6月下旬〜7月初旬)になり、花つきが悪くなって
きたら、花がらを全て切り取ると、秋の花つきが良くなります。

花が咲いていない夏の間も、土を乾かさないように水やりに
気をつけてあげて下さいね♪

肥料は、化成肥料でOK!です。
液体肥料ですと、与えすぎの心配がありません。
春から晩秋にかけてと、花がらをカットした後に与えます。
室内に置く場合、油粕などの天然肥料を使うと
虫がついてしまいます。
その場合は、肥料を取り除き殺虫剤で処理します。

参考:  『オルトラン粒剤』
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/guide/syo00023.html

=========================
借金を返すために借金をする。そんな生活はイヤだった。
まとまった貯金が無い。そんな不安から抜け出したかった。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/LW/index.htm
あと5万欲しくて始めた副業で、旦那の給料そのまま貯金!
=========================


2006年03月23日(Thu)▲ページの先頭へ
ポトス〜水ゴケ植え〜



★水ゴケは、充分な水で湿らせておきます。

★ポトスは、好きな位置で切ります。
 写真のように、ツルの状態でもいいし、葉っぱ1枚でもOK!



★葉茎の下2〜3cm、葉茎の上1.5〜2cmのところで切ります。
根の長さは、1〜1.5cm位に切って下さい。

★暑い期間でしたら2〜3時間水につけてから苔巻きした方が、
  巻き終わった後、植物が痛みにくいようです。
  この様な状態に整姿した場合は、
  数本まとめてコケ巻きした方が格好がつきます♪



★水ゴケを軽く絞って、
 切り口に団子のようにつけます。
 水分を絞りすぎてしまったら、
 霧吹きなどで水分を与えると、丸めやすいです。
 なるべく固く、丸くなるようにつけます。

★茎葉のすぐ下から根や新芽が出てきますので、
  茎葉の所まで水苔を巻きつけていきます。
★女性の拳大になる位に、団子を大きくします。

★輪ゴム2〜3本で、解けない様に止めます。



★苗の入っていたビニールポット(洗ったもの)や、
 余っている鉢に水ゴケを入れます。
 しっかり押し込んで固めます。

 後から、『団子』を入れますので、
 ここで、底に入れる水ゴケの量を調節して下さい。



★輪ゴムで止めた『団子』を鉢に入れます。
★倒れないように押さえながら、 回りに水ゴケを入れていきます。
 しっかり詰め込んでください。



★苗が動かない位まで、水ゴケを詰めたら完成です。
 鉢底から流れ出る位に、たっぷり水をあげます。


〜その後の管理〜

【置き場所】
鉢の底から根が見え始めるまで、半日陰に置きましょう。
発根したら徐々に日に当てていきましょう。

【水やり】
鉢の底から根が見え始めるまで、表土が乾かないようにかけます。

【肥料】
鉢の底から根が見え始めるまで与えないで、
発根したら液体肥料を2000倍液にうすめて与え、
生育にあわせて徐々に濃くしましょう♪

=========================
子どもの塾代、進学、住宅ローン、増えつづける支払い。
ベースアップでは追いつけない!不安だらけの将来でした。。。
あと5万欲しくて始めた副業で、旦那の給料はそのまま貯金!
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/LW/index.htm
=========================


2006年03月17日(Fri)▲ページの先頭へ
ポトス
ポトスは、水だけでも栽培できるほど、丈夫で育てやすい植物です。
耐陰性(日陰にも強い)があり、最低5度位あれば越冬できるので
室内で育てるのに適しています。


【栽培のポイント】
葉の色や、斑模様を保つには、置き場所に注意します。
日当たりが悪いと、斑が少なくなります。
逆に、強い光に当てると葉が変色してしまいますので、
カーテン越しの明るい窓辺などに置くようにしましょう♪
夏などは、それでも日差しが強すぎますので、直接日が当たらない
部屋の中央(半日陰)で管理するようにします。


【水やり】
水やりは、土の表面が乾いたら、鉢の底から流れ出すくらいに
たっぷりあげます。月に1〜2回は、葉水と言って、葉の上にも
たっぷり水を掛けてあげて下さい。
冬は、空気が乾燥する分、葉水はたっぷり上げて下さいね。
大体、4〜5日に1回位でしょうか。
夏のように、水やりは多くはありませんが、その分、葉水を
忘れないようにします。


【肥料】
5〜10月頃の成長期には、月に1〜2回、液肥を表示分量で
希釈して与えます。
室内で育てる場合は、『油粕』のような肥料は与えない方がいいです。
暖かい季節には、カビが生えたり、小蝿がわいたりします。

【植替え】
植替えに適した季節(適期)は、6月〜7月です。
水ゴケ植えが一般的ですが、土植えの場合は、「土を作る」でお話した
腐葉土と赤玉の混合土で構いません。
または、川砂と腐葉土の混合か、ピートモスを混ぜた土に植えます。


【挿し芽】
ポトスは、伸びてきたツルを好きな所で切って増やす事ができます。
水を入れたコップなどに、切ったツルを挿しておくだけでOK!
この様に、水栽培でも楽しめますが、水ゴケに植えた方が、
根が良く伸びます。水ゴケ植えの場合は、植え付けてから2年位で
水ゴケが腐るので、そうなる前に、早めに植替えをしてあげて下さい。


【水ゴケ植え】
次回、ご案内します♪ お楽しみに♪

=========================
不況・・・不況・・・って、あと何年続くんだろう?!
我が家の家計は赤字続き。あと5万欲しくて副業始めました。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/go1/index.htm
旦那に秘密の借金も、内緒のまま【完済】しちゃったぁ〜!
=========================


2006年03月15日(Wed)▲ページの先頭へ
庭を造ろう♪
お庭を作られたい方は、一度環境を整えられたら如何でしょう?

排水の悪い土には、川砂や赤玉を混ぜてあげるといいですよ。
それと、腐葉土!!
掘り返して、土に空気を含ませて上げる♪
これだけでも、土は生き返ります♪

私が家を買った時に、先ずしたのが、この土作りでした。
庭を全部ひっくり返して、土を作るところから始めました。
お陰で、冬でも土の中は暖かっ♪
ミミズが沢山住んでいます♪
ミミズは、嫌がらないでね♪
土を掘ってくれるし、ミミズの糞は栄養になるし…
Anneはミミズを見ると…「ありがとぉ〜〜!!」って言っちゃう!(笑)

=========================
この子が生まれた時、何でもさせてあげたいと思った。
現実の我が家は・・・赤字! 子供に諦めさせていた私。
そんなダメ母ちゃんだった私が出会ったホームページ。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/go1/index.htm
今では、子供の笑顔と毎月パート収入2ヵ月分GET!!
=========================

植えた苗には「今日から家の子よぉ〜!」と語りかけてね♪
これ、笑う方がいらしゃいますが…効果的ですよ♪

イトコが、バラ園をやっているのですが、
ハウスの中はいつも音楽が流れています。
音楽を流すのと流さないのとでは、生育が違うそうです。

毎日の水やりの時も、「元気?」と声を掛けてあげましょう♪
きっと、すくすくと育ってくれる事でしょう♪

先ずは、植物に「環境が変わったんだ」と教える事から始めます。

肥料は、新しい葉が出た頃を目安にして与えるといいでしょう。
まず、根が生育します。その後に、葉を出すからです。
新しい葉が出たかどうか・・・が、しっかり根を張ったかどうかを
見極める目安になります♪


2006年03月14日(Tue)▲ページの先頭へ
病害虫を予防する
大切な植物を病害虫から守る事は、
ガーデニングに欠かせない作業の一つです。

環境が悪い場所へ置いておき、植物が弱ってしまうと
病虫害がついてしまう事が多いのです。

強力な殺虫剤や殺菌剤を使えば、
病害虫の駆除は簡単かもしれません。

でも、花や自然を愛する人なら、
人にも環境にも優しい方法を選びたいですよね?

ましてや、小さなお子様のいらっしゃる家庭、
テーブルウェアとしてのお花・・・
生活の中で身近に接する植物に対してなら、
そうした思いもひときわではないでしょうか。

では、どうしたら?
植物を病害虫から守るポイントは、病害虫が好む環境を作らない事!
これが一番です。

植物を良い環境に置き、健全な株に育てていれば、
ほとんどの病害虫は防ぐことができます。

日々のこまめな手入れによって、予防する事が何よりも大切です。
湿気の多い梅雨時と、暑い夏の盛りは特に気をつけましょう♪

日本は、ただでも湿気の多い国です。
ですから、過湿には注意して下さい。
茂った葉や枝は切って風通しを良くしてあげます。
苗は、あまり密植えをしないようにし、鉢も隣同士がピッタリくっつく
ような置き方は、好ましくありません。

直射日光が嫌いな植物もありますので、一概には言えませんが、
『日光に当てる』というのも、殺菌効果という意味でも大切です。

また、枯れた葉や花がらはカビや病気の原因になりますので
早めに取り除きます。

種のできる植物は、花がらをつけておくと結実します。
そうなると、「もう花はつけなくていいや!」と花が思い込んで
しまうんですね。
パンジーやビオラが「これから!」って言うときに、
蕾をつけなくなってしまった事はありませんか?
花がらを摘んでしまう事で、「子孫が残せない!」という危機感(?)で
花を沢山つけるようになります。

話が横道にそれてしまいましたが・・・本題に戻りましょう♪

=========================
この子が生まれた時、何でもさせてあげたいと思った。
現実の我が家は・・・赤字! 子供に諦めさせていた私。
そんなダメ母ちゃんだった私が出会ったホームページ。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/go1/index.htm
今では、子供の笑顔と毎月パート収入2ヵ月分GET!!
=========================

アブラムシ・カイガラムシ・ハダニなどの害虫は、
どんな植物にも比較的発生しやすく、
放っておくとアッ!っという間に増えてしまいます。
発見したら直ぐに、歯ブラシなどでこすり落としておきましょう。
アブラムシなどは、牛乳を薄めてスプレーすると窒息死します。
赤ちゃんのいらっしゃるお宅では、安心な方法ですね♪

病気で発生しやすいのは、うどんこ病や灰色カビ病です。

いったん病気に掛かった部分は、
薬などを与えても元には戻りません。
病気の部分を切り取ったり、土を入れ替えるなどの作業が
必要になります。

また、軟腐病と、ウイルス病は、治療法がありません。
残念ですが、土ごと、焼却して捨ててください。

こうした病害虫を予防するには、生薬や植物エキスを原料にした
害虫忌避(きひ)剤や活力剤、生長促進剤を使ってみるのも
いいでしょう。

私が、使っているのは、『木酢液』です。
木酢液とは、炭を焼いたときに発生する煙を冷却したものです。
ただ、独特の臭いがあるので、室内ではキツイかもしれません。
『竹酢液』というのも有ります。
木酢液・竹酢液は、殆どの病害虫の予防に効果があります。

ネコちゃんのお庭の悪戯にも効果があるようですよ♪
やっぱり、匂いが嫌いみたい(^^;

ネコちゃんの悪戯・ムカデ予防には、タバコも効果的♪
タバコの吸殻を水につけて、ニコチン液を作って撒くだけです。

ナメクジには、飲み残しのビールっ!!
いつもゴミに出してるトレーありますよね?
あれにビールを入れて、夕方においておきます。
寝る前に、トレーごと・・・ポイっ!で終了♪
ナメクジがビール好きなんて、贅沢な話だけど・・・(笑)


2006年03月10日(Fri)▲ページの先頭へ
肥料
植物は、生長していく為に自分自身の葉や根で必要な水分や
養分を調達しています。
その為、肥料を与えなくても、花が枯れたり咲かない事はありません。
しかし、『花を沢山咲かせたい』『より綺麗に咲かせたい』
そういう時には、肥料が必要になってきます。

でも・・・肥料も、やり過ぎは、×。
弱ってくると、「栄養が足りないかしら?」なんて
肥料をバンバン与えちゃう。
これは 逆です。  弱ってる時には、肥料はやってはいけません。
私たち人間だって、体調が悪い時には、
      ステーキとか・・・食べたくないでしょう?

『肥料は元気な時に与える』が鉄則です。
これから伸びていく春や秋の始め、花が長期に渡って咲いてる時、
また、花が終わった時など、栄養補給が必要な時に与えてあげると
効果は『大』です。

では、何をあげたらいいのでしょう?
失敗しないのは ハイポネックスなどの液体肥料です。
目的に合わせて、買ってくださいネ♪
花用・観葉植物用など、色々ありますので、目的別に選んで下さい。
葉を繁らせるものを 花に与えると、葉ばかり繁ってしまいます。

庭の果樹や、ボタン、ツツジなど、庭に植えてあるものは
液体ではなく、粉末や粒のものでもいいです。
ただし、あげるのは 基本的にお彼岸頃。
そうすれば まず失敗しません。

液体をオススメしている理由は、液体肥料は 
多くあげ過ぎてしまっても、水と一緒に出てしまうからです。
あげ過ぎという事がありません。
だから、失敗がなく安全なのです。

成長していくにつれ、最も不足がちになる成分は、窒素、リン酸、カリ
の3つです。

チッ素は、葉や根の成長に使われ、リン酸は花や実や種などを
形成する為に使われます。
また、カリは根や茎を強くする為に使われています。

ところが、土の中にはこうした成分が殆ど含まれていません。
ですから、これらの成分は肥料として与える必要があるのです。

市販されている肥料には、こうした3つの成分表示が
必ずされていますので、生育状況に応じて選ぶようにしましょう♪

発芽の時にはチッ素、リン酸、カリが同じ割合のものを使用します。
花や実をつける時は、リン酸やカリが多く含まれるもの、
葉を育てる時は、チッ素の多い肥料がお勧めです♪

========================
☆彡アナタは、今の生活に満足していますか?
                  将来に不安はありませんか?
何かをしたい・変えたい…思ってるだけでは、何も変化しません。
5年後も「変わりたい」と思い続けるアナタが居るだけです。
http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/tml/index.htm
私はココで、将来のための金銭的余裕と時間とを得ました。
========================



2006年03月09日(Thu)▲ページの先頭へ
水やり
Anneです♪
今日は、水やりについてです♪

植物の植生、種類、大きさ、置き場所等によって、水の与え方は
随分違います。
元々、植物がどういう所で生まれたか、育っていたかを知る事が
大事になります。
植物を買ってきたら、本を見るか人に聞いてその特徴を知り、
1日に数回観察をしながら、水がほしくなるのを待って与えましょう♪
その周期で水かけを行い、夏は早めに、冬は天気がいい日の
午前中に与えます。

植物によって違いますが、平均的に鉢の表土を指で触って、
湿り気を感じなくなった時が与え時です。
乾かし過ぎた時は、時間を少しずらして、その日に2回連続して
与えたりして、いつもの水掛け間隔よりも早めに2回目を与えます。

鉢底から、流れ出す位にたっぷり与えます。
この時、出てきた水がきれいに澄んでくればOK♪
たぁ〜〜っぷり与えたら、今度は水を完全に切ります。
(ただ、置いておくだけ。水が出てこなくなればOK!)

家の中に置くものは、洗った鉢皿に入れておいてください。
鉢皿には、水を溜めないように気を付けしましょう♪
鉢皿の中が汚れていたり、汚い水が溜まっていたりすると、
虫や病気の原因となります。
一度虫がついたり、病気になったりすると世話が大変ですよ!
枯らしてしまう事もあるので、水は溜めないようにしましょうね♪

========================
あと10万!・・・せめて5万。 私も働きに出たいと思った。
だけど何の資格も技能も無い私。年齢制限って何よ?!
そんな私が見つけたHP!! ⇒ Life Style Revolution
在宅で稼いで・・・もう直ぐ旦那の給料追い抜くぞっ!
========================


1 2    全36件








新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年12月
         
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ
2006年 (36)
3月 (15)
4月 (9)
5月 (12)

アクセスカウンタ
今日:17
昨日:6
累計:39,782